本文へスキップ


INDEX ホンナ、ヤマブキショウマ
 歯切れの良さと、ややクセの強い香りが特徴で、シドケやアイコと並び「山菜御三家」と呼ばれている。平地から高山まで広く分布。自生地は木の下で、光がチラチラ入り込むところに群生する。

 ホンナ(イヌドウナ)は、キク科の中でも葉がコウモリやカニのような形をしているので覚えやすい。葉の形によって数種類あるが、どれも食べられる。秋田では、ヨブスマソウの変種・イヌドウナを食用にしている。
名の由来と分布

 茎は中空で、折った時に「ホンナ」、「ボンナ」という音が出ることから名付けられた。ヨブスマソウとは、ムササビのことで、葉の形がムササビが皮膜を広げた形に似ていることから名付けられた。分布は、北海道,北関東以北の低山帯上部から亜高山帯の林地。

 イヌドウナは、地方名で「ウドブキ」とも呼ばれている。葉が「フキ」に、茎が「ウド」に似ていることから付けられたという。分布は、東北地方から関東北部-中部地方北部など,ヨブスマソウより標高が低い温帯の林地。 
秋田民謡「秋田おばこ」と「ホンナ」

 「おばこナ 何処さ行く/後ろの小沢さ ホンナコ折りに
 可愛い盛りの秋田おばこが、後の小沢へホンナ採りに行くと歌われるほど、秋田を代表する山菜である。
ホンナ(イヌドウナ)の見分け方

 ヨブスマソウの変種・イヌドウナの見分け方は、葉の付け根が大きなヒレのようになっていること。茎の中部の葉が3角状腎形であること。茎は中空で、輪切りにするときれいな円筒形になる。
採り方・・・手で軽く折れる硬さのところから折り採る。
▲茎が伸びて旬を過ぎたホンナでも、茎の上側はやわらかく食べられる
▲採りたての山菜を焚き火で湯がく

 沸騰したらひとつまみ塩を入れ、根元から順次入れる。再び湯が泡立ってきたら、すぐにすくいあげ冷水にさらす。ホンナの茎は柔らかいので、茹で過ぎないことがコツである。
料理

 若芽は天ぷら、かるく茹でて水にさらしてから、おひたしが美味い。他に、ごま和え、辛し和え、酢味噌和え、油炒め、天ぷら、汁の実など。

ホンナと野菜の一夜漬け・・・ホンナ、赤かぶ、キャベツ、キュウリとミックスして一夜漬けにすれば、上品な香りで美味しく食べられる。
冷凍保存・・・さっと湯に通して冷凍する。他に味噌漬け、粕漬けなど。
ヤマブキショウマ
 ヤマブキショウマの若芽は、トリアシショウマと違って葉柄に毛がなく、スベスベした緑色で、いかにも美味しそうに見えるが、実際食べてみると歯触りが良くたいへん美味しい。雪の多い年は、5月下旬になっても谷の奥では山菜御三家を採取できないことがある。そんな時重宝するのがヤマブキショウマである。

 山麓の林縁の斜面、杣道沿い、谷間の流れに沿った半日蔭地などに生え、亜高山帯にも分布している。若芽は、数本ずつかたまって芽吹き群生しているので採取しやすい。花は、6~8月、円錐状に白色5弁の小花を密集して開く。
名前の由来・・・葉が落葉低木のヤマブキに似ていることと、アカショウマの花に似た咲き方をすることから名付けられた。
採り方・・・手で折り取れるところから折り取る

料理

 生で天ぷらが美味い。下ごしらえは、歯触りとさわやかな緑の風味が身上なので、さっと茹でて水にさらす。おひたし、各種和え物、煮びたし、煮付け、汁の実、バター炒めなどに幅広く利用できる。
参 考 文 献
「薬効もある山野草カラー百科」(畠山陽一、パッチワーク通信社)
「山菜・薬草 山の幸利用百科」(大沢章、農文協)
「ひと目でわかる 山菜・野草の見分け方・食べ方」(PHP研究所)
「山渓名前図鑑 野草の名前」(高橋勝雄、山と渓谷社) 
「読む植物図鑑」(川尻秀樹、全国林業改良普及協会)
「山菜ガイドブック」(山口昭彦、永岡書店)
「山菜採りナビ図鑑」(大海淳、大泉書店)
「日本の山菜100 山から海まで完全実食」(加藤真也、栃の葉書房)
「山菜と木の実の図鑑」(おくやまひさし、ポプラ社)
「採って食べる 山菜、木の実」(橋本郁三、信濃毎日新聞社)
「おいしく食べる山菜・野草」(世界文化社)